潮まち風まちの港

潮まち風まちの港とは

1986年、樺島大橋開通の年の野母崎樺島

「潮まち風まちの港」は、やましん水産が運営するウェブマガジンです。

その昔、イワシ漁でにぎわい多くの船が集まり、
「潮まち風まちの港」として栄えていた、長崎最南端の地、野母崎樺島港。
樺島の地には、現在も豊かな自然と海と共に生きてきた先人の営みの歴史が
その暮らしのなかに息づいています。

樺島の地にて干物製造業を営むやましん水産では、
ひもの製造やひもの体験工房の活動を伝えていくと共に、
先人が大切にしてきた樺島の自然の豊かさと歴史、
魚食の素晴らしさを未来へ伝えていきます。