潮まち風まちの港

樺島灯台ウォーキング

3月20日、春の温かい日差しの下樺島灯台ウォーキングが開催されました。

今回初めての開催だったこのイベント、300名近い方が参加され、樺島は50年前の賑わいを感じさせるほど人で溢れかえりました。樺島の島内ほぼ一周するコース(10km程度)の中にスタンプを設置した場所がお接待するポイントが4カ所設置され、つまみ食いしながら楽しく歩きます。

やましん水産はお接待のポイントの1つになり、イベント前日より準備に大忙し!テントを張り何とか休憩所を設置しました。

IMG_1114

IMG_0173

ぱっと見るとペーロン大会の来賓席のようですね~(笑)この景色普段から見ている私達には何気ないものですが、街中に住んでいる方からするととっても贅沢な景色なんですよね!

つまみ食いはカタクチイワシの丸干し、アジのみりん干し、おつまみイカの3つを用意し、色々食べ歩くのでお腹一杯になる方も居るだろうと考えお土産も渡しました。

IMG_1110

IMG_1095
ちょっと焦げたのは無礼講でお願いします。この日の為に丁度いいサイズを用意しました。

10時スタートで最初の方はのんびり!

 

新町のお大師様→熊野神社→ヤマヨ水産→樺島灯台→ウナギ井戸→無量寺→やましん水産→荷上場というルートで来られた方が多く、うちのピークは13時頃でしたので、その間に本部の方へ。

IMG_0166IMG_0167

本部の前には昔の樺島の写真が展示され、地元の方は指さしながら写真に見入っていました。

IMG_0168IMG_0172

ゴールされた方は野母崎三和漁協女性部の皆さんの手作りつみれ汁とおにぎりを!つみれの出汁が凄く美味しくて疲れた身体に染み渡るようでした。

最後にメインとなるイベント、『新船祝いの餅投げ』の再現もありました。餅投げが行われたのは約20年前が最後。木造船からプラスチック船に変わった事で船が長持ちするようになり船を造る機会が少なくなりました。私自身餅投げに参加した記憶がありませんが、地元の方々は「餅投げのあるとっての~」とイベント前から話題になっていたそうです。始まりの合図は『軍艦マーチ』。これも昔の再現で曲が鳴り始めるとイベントの参加者や地元の方が荷上場に続々と集合。物凄い人!人!人!

IMG_1120IMG_0182

 

今か今かと待ちわびていると船が登場!沢山の大漁旗を立てた船が港の中を走ってくる姿は昔も今も同じです。

IMG_0212

 

沢山あった餅があっという間に無くなり餅まきが終わりましたが、懐かしい光景を見れた地元の方は本当に楽しそうでした。

初めての試みで大成功を収めた樺島灯台ウォーキング。参加された方から「色んな場所に歩きに行ったけどこんなに沢山のおもてなしをして頂いたウォーキングは初めて!コースも良くて参加して良かった。次回も是非参加したい!」との声を頂き本当に嬉しかったです。次回はもっとバージョンアップする事を期待しています!!