潮まち風まちの港

もちうおの季節になりました

真夏の暑さは消え、涼しい風とともに秋がやってきましたね。

夏から秋が旬のもちうおが樺島の漁師さんの船にも入ってきました。

もちうおは干物の定番として知られている魚らしいのですが、私はもちうおが干物にされているのをあまり見た事がありません。

徳島県ではぼうぜの姿寿司としてお祭り料理として有名だそうです。

お世話になっている樺島の第2好丸で獲れたもちうおを船から揚げてそのまま仕入れています。魚は1匹で買うのではなくトロ箱に入れてキロ単位で仕入れます。獲れ出すと暫くもちうおが網に入るそうです。

このように漁師の方から直接仕入れた魚を使ってやましん水産は干物を作っていますので、鮮度には自信があります。

もちうおは魚体のまま腹出しして塩干しした姿干し、お腹から開いて塩干しした一夜干し、自慢のみりんタレに漬けて干しあげたみりん干しの3種類で販売しています。干物の写真は次回更新します。

新鮮獲れたてのもちうおの干物いかがですか?