潮まち風まちの港

水仙まつりの報告

野母崎の大イベントの一つ『野母崎すいせん祭り』が1月8日から開催されました。やましん水産はオープニングの1月8日、15日、29日に出店しました。

今回のすいせんは、開花が早く心配されましたが、なんとか持ちこたえる事が出来たようです。オープニングから快晴に恵まれ、来場者の方も多く、とても賑わいました。

 

そして、やましん水産のブースにも沢山のお客様に来ていただき、干物を購入して行かれてました。

 

お祭りへの出店は、父・母・私・叔父・叔母で行っていますが、普段のお店への出荷と違い、お客様と直に触れ合う事が出来ます。

「この魚は昨日出来て詰めたばっかりよ。食べてみて!」

「これはそこの植物園の下で捕れたアジばい。脂のようのっとっておいしかばい」

「そのまま焼いてもおいしかけど天ぷらでもおいしいですよ」

と長崎弁や樺島弁を使いながら楽しく売りました。

観光バスも沢山みえて、遠くは広島から波佐見の方まで!沢山の方にやましん水産の干物を知って頂く良い機会になりました。

来年も、来年は、是非野母崎の水仙を見にいらしてください!!

 

最後に天気がとても良かったので水仙公園からの景色を載せます。