潮まち風まちの港

タチウオ(太刀魚)

タチウオはスズキ目サバ亜目タチウオ科の魚で、外観が太刀に似ている事から名付けられた魚です。一般には、煮つけや刺身、塩焼で食べられる事が多く、外観とは違い淡白な白身はとてもおいしくいただけます。

タチウオは春から秋にかけて産卵し、旬もこの季節です。周年美味しいですが、夏から秋にかけてが一番おいしい時期です。

樺島では釣りをされる方が多く、夕方から夜にかけて沢山の方が大漁橋と呼ばれる橋の上や岸壁で釣っています。

タチウオの美しい銀色は鱗ではなく、グアニン質と呼ばれるもので覆われています。

やましん水産では、この銀を剥ぎ、三枚おろしにしてみりん干しを作っています。骨がなく非常に食べ易い人気商品です。